人間関係の悩み

謝られたら許さないといけないのか?許さずにやんわりと切り抜ける対処法とは?

皆さんの周りには謝るという行為を免罪符代わりに扱うような人はいませんか?

または周囲の人からから謝ってんだから許してあげたら?と相手をかばうようなプレッシャーを与えられたことはありますか?

そのようなことが原因で、謝られる側の自分が逆に責められ

立場が逆転してしまい余計に傷つくことがあります。

謝ったことでその後の行動が改善されるのであればいいのですが、形だけの謝罪や周りからの圧力

ましては逆ギレするなどの理不尽な場合の対処法を考えてみました。

 

許さなくても良いが、復讐はしない

sasint / Pixabay

謝られたらなるべくなら許してあげるのが理想ですが、

相手が引き起こした問題にも大小あり、被害が大きい場合は許せなくて当然です。

ですから無理に許さなくてもいいのです。それから相手に反省や改善が見られない場合も同様です。

謝ることは何かを保証することではない

謝ったからと言って次に同じことをしないかするかは本人次第なので、改善を期待するのであれば何も意味のない行為であるともいえます。

謝って次に適切な対応ができればいいのですが、それができなければ残念ながら謝る行為はただの形だけのものにすぎず

何も意味がなかったものになります。

許すか許さないかは自分次第

謝られた場合、許すか許さないかの決定権は自分にあるので自由に決めればいいのです。

世間の風潮として謝られたら許すべきだという風潮がありますが、そのような一般論などは

その次に考えるのが良いでしょう。中にはそのような一般論を利用し、表面上だけの謝罪で済ませて反省しない人もいます。

さらにひどい場合だと逆ギレして謝ってんのになんで許してくれないんだ?などと立場を反転させて抵抗してくる人がいます。

自分が相手に危害を加えたのに被害者側にまわり相手より優位に立とうとするような人もいるので注意が必要です。

謝られても許せないのはたいていこのような被害者ぶったり、反省が見られない人が多いです。

相手が及ぼす害が大きすぎて許せない場合もありますが、そのような場面はあまり多くはないのではないでしょうか?

このように謝罪という行為を悪用する人間もいるので無理して許す必要はありません。

しかし、許したくないといった感情を仕返しといった形で相手に向けるのはやめましょう。

復讐心は自分の問題

相手が大きすぎる被害を与えた、反省が見られないなどと言って復讐の念に駆られてはいけません。

復讐心というのは自分の攻撃の願望が表れているものなのでそのような幼稚な部分は、またこれとは別に解消していくべき課題なのです。

復讐心の問題は別として、

このように反省しなかったり、逆に被害者ぶったり、過度に人を傷つけすぎてしまう人を

無理に許してしまうと不快な感情を抱え込んだまま過ごすことになり精神的にもよくありません。

無理に許してしまうとどのようになってしまうのでしょうか?

無理に許すことの弊害

無理に許すという行為は自分に正直な行為ではありません。

無理に許してしまう理由としては周囲からの目がや加害者を擁護する人間がいる、加害者が一般論を持ち出して反論してくるなどあります。

しかしそのような同調圧力に屈して、相手にとって都合の良い対応をしてしまうと

自分の素の感情を内側に抱え込んでしまうのでさらに精神的に辛い状態になります。

だからっといって暴言や暴力といった攻撃性の強い行為で相手に危害を加えることしてしまうと二次被害が生まれてしまいます。

そのため適切な対応を心がけていきます。適切に対応するには許さない(せない)ことで起こるリスクを把握し、

対処法を考える必要があります。

 

許さないことのリスク

StockSnap / Pixabay

 

許さないことがどのような問題になってしまうのでしょうか?

周りからその姿勢を責められたり批判される

幼少の頃から親に「謝ったら許してあげなさい」と誰もが言われて育ってきました。

そのため謝られたら許すべきという信念は多くの人間が持っています。

また、人を恨むことも日本の文化ではタブー視されておりそのような価値観を持っている人間が周りにいるなかで

人の非を認めず許さないという行為は集団から心の醜い、器の小さい人だという印象を与えてしまい

かえって悪者の扱いを受けてしまうリスクがあります。

「謝ったら許すべき」という考えを持った人が周りにいてかつ表面的な部分だけのみを見て判断してしまうすと、

許さない行為を行っているあなたは周囲に誤解され理解もしてもらえないでしょう。

 

相手から恨まれる

人間だれしも自分が悪い人間だと思いたくないものです。

自分自身に非があり問題を多く持っている場合だと、人から嫌われたり何らかの危害を加えられたりします。

そのリスクに危機感の持ちやすい防衛本能が強い人の場合自分を道理関係なしに危害を加えた相手を危険し、

排除すべきだと無意識的に考え、相手を復讐しようと考えたりもします。

逆恨みなどの対象にならないように気を付ける必要があります

なぜ許したくないのか?

なぜ謝られても許せないのかは大きく分けて2つあります。

一つ目は自分の問題で心を傷つけられた、仕返ししたいなどです。

これは本人が解決するべき問題なので今回は割愛します。

許してはいけない相手の問題

次の二つ目が重要な問題です。ずばり相手の問題です。

謝罪という行為を免罪符として利用し、改善しようと行動しません。

謝ってるんだからなどと開き直るなど、

このような悪質なものは許したくないというより許してはならないのです。

何故ならまたすぐ同様の行為を働いたり、更には他の人間を傷つけてしまうかもしれません。

相手の気持ちよりも自分の気持ちが大事なので信頼関係を平気で壊したりもします。

できれば近寄りたくない相手でもあります。

そのような相手と関係を築いていかなければいけない場合どのような解決策があるのでしょうか?

どのような解決策があるのか?

解決策としては謝らせないものがあります。

謝るという行為から約束に転換する。

謝るという行為には何の保証がありません。

相手が謝る姿勢があるのであればその時の立場の優位性を利用し相手に約束をさせるのが良いでしょう。

謝る謝らないの感情論で考えるのではなく理性で次に同じような失敗をさせないという約束事を決めればいいのです。

もし相手が約束を破った場合は自分ではなく相手に非があることになり、約束をしているがゆえにこちらが優位に物事を進めやすくもなります。

また、約束をしていれば周りからの援助も受けやすいのかもしれません。

ポイントは許すことしっかり約束すること

許せなくても許す姿勢は大事です。表面上だけでもいいので許すというのを態度で示しましょう。

その代わり約束はきちんとしてもらいもう二度と同じような過ち、似たような失敗をしないと約束してもらいましょう。

もっと優位に事を進めるには

約束してもらうのもよいのですが、どのような約束事にするのかは非常に重要になってきます。

あいまいな約束事では次に似たようなことが起きた時に相手にうまく言い逃れられたりします。

ですので約束事は後のことを考えてきちんと決めましょう。

相手に質問などをしてなぜそのようなことになったのかをある程度掘り下げて聞くのが良いと思います。

プチ反省会のようなものにするのもよいでしょう。

質問をするときに大事なのは問題の根源を見抜く力です。何が問題でどうすればその問題を解決に導けるのかを見極め掘り下げて行きましょう。

 

謝りはするが約束をしない、破る

謝る姿勢や言葉で言ってくるが約束はしない場合は不利になるような状況に追い込まれたくない

という心理のあらわれである可能性が高いので、そのような信頼関係を構築できない人間とは積極的に距離をとるべきです。

人としての義務を果たさないだけども権利はどこまでも主張するような人間は危険な存在と言えるでしょう。

どうしてもしつこい場合はこちらが逆に謝りましょう。

「すみません謝られても困ります。○○さんの非は責めてはいませんが、また同じような問題を起こされたらこちらも困りますし、

約束もしていただけない様でこちらも信頼関係を保つことはできません。ほんとすみません。勘弁してください。すみません。はいどうも失礼します。」

こちらが謙虚な気持ちで適切に対処すればその場をうまく立ち去ることができると思います。

また近くに人がいれば援助を受けられる可能性があります。

ここまでしてもしつこいような相手ならば真に付き合うべき相手ではないということを頭に入れておきましょう。

まとめ

 

ここでは許し方や許せない人への対象法をご紹介してきました

 

自分を大切にする心を持ちながらお互いを認め合っていきましょう

-人間関係の悩み

Copyright© パワハラ対策、人間関係の悩み解消まとめページ|それって指導ですか? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.