人間関係の悩み

過去の嫌な出来事を思い出してイライラする、それってPTSDじゃない?

 

過去に経験した嫌な出来事を一日一回以上思い出したり

何か似たような状況に遭遇したり、しそうになった時に強烈に不快な感情がこみ上げてきたり

調子が悪くなったりしませんか?

 

私はブラック企業でパワハラに苦しめられ退職したあとでも

パワハラのフラッシュバックのような症状に苦しめられました

 

過去のトラウマなどが消えずに繰り返される精神疾患にPTSDというものがあります

もしあなたが長年のトラウマに苦しめられているのであれば

一度精神科や心療内科を受診してみるのもよいかもしれません

 

今回はトラウマが長く続くことで日常生活に及ぼされる影響と

それに関連性のある精神疾患PTSDについてご紹介いたしします

 

 

嫌な体験を思い出してイライラする状態が何年も続いている

 

過去に強い感情を伴ったマイナスの経験をしたことが記憶に強く刻み込まれ、

それが長い期間にわたり自分を苦しめていることはありませんか?

 

過去に大きな地震や津波、家事などの災害にあった時に感じた恐怖や

子供のころ親などが教育と称して虐待をしてきた嫌な体験、兄弟や学校の友人のいじめ

職場の上司や同僚のいやがらせ、恋人から言われた冷たい発言やDVなど

様々な過去のマイナスの経験が蓄積し長い間心に残り何かの拍子に思い出し

ありもしない幻想に苦しめられるようなことはありませんか?

 

それは何もしてなくても急に思いだしてイライラしたり、

または似たような経験をしたり、類似した場所に行ったりするとフラッシュバックしてしまうことがあります

嫌な体験をした場所に行ったり似たような状況に遭遇すると調子が悪くなる

特にトラウマが強く想起される状況として、そのを経験に類似する事柄が比較的多い状況です

 

災害に苦しんだ人ならばそれをを経験した現場にいくことで想起したりします

親の虐待に苦しめられた人なら親に合う事や、

子供連れの親子を見たり、人を叱っている言動から想起します

 

いじめにあった人なら似たような場所人間関係でもトラウマが掘り起こされてしまいます

 

この他にはいきなり嫌な感情が起こることもあります

その場合は無意識的な部分が関係している可能性が高く、自分で気が付けないため非常に厄介です

 

例えば、なんだかわからないけどいきなりパッとフラッシュバックしてきた場合です

何とか直して抜け出したいけども原因がわからないので、自分ではどうすることもできず

抜け出せずにイライラが募っていき、さらに悪循環に陥ってしまいます

 

トラウマのせいで人間関係がうまくいかない

過去に人間関係が原因でトラウマを持ってしまうと人間不信になり、

人を信じれなくなったり、逆に疑って他人を傷つけてしまう可能性もあります

 

過去と現在そして未来は本来は違うものです

しかし、過去の苦しみをいつまでも引きずっていては未来や今この瞬間の人間関係に影響を及ぼしてしまいます

 

現に過去の人間関係のトラウマで今の人間関係や他人に対する捉え方に問題があるのであれば

改善していかなければなりません

他人のためにも自分のためにも

今あなたの周りに親切な人がいますか?

もしあなたに親切にしてくれているのであればその行為や思いを受け取ることができればお互い気持ちの良いものです

 

しかし、人間関係にトラウマを抱えている場合そのトラウマが原因で相手の親切心を疑ってしまったり

相手の親切は形だけだと決めつけ拒絶したり、何故だかわからないけど気分が悪くなったりとプラスの出来事がマイナスに転じてしまいます

トラウマの苦しみで人から嫌われて孤独にならないためにも

過去の苦しみを引きずるのを辞めましょう

トラウマなどの嫌な感情はどうやったら克服できるのか?

これまでの人生でいいこともあれば嫌な出来事も多く経験してきているはずです

自分にとって嫌な思い出は忘れずらいものですが

これまでの嫌な経験すべてを覚えているわけではありません

 

 

このことから嫌な経験を忘れることができればトラウマを克服することができます

とはいっても忘れることができず

忘れようとすればするほど苦しいのがトラウマの特徴です

 

また、過去の苦しい経験が強い感情を伴い思い出されるのであれば

PTSDという精神疾患の疑ってみるべきかもしれません

 

もう自分でどうすることもできない場合は専門家の力を借りる必要があります

PTSD心的外傷後ストレス障害とは?

心的外傷後ストレス障害、PTSDと呼ばれる精神疾患があります

 

PTSDとは・・・

ost raumatic tress isorder

の略です

大災害や事故で自己の安全が危機にさらされたり、

虐待や暴力などで肉体以外にも強い精神的な苦痛を受けたことが原因で

心の傷である心的外傷(トラウマ)が長期的に持続している精神疾患のことです

 

この状態が一か月以上続くとPTSDとなり、

一か月未満であれば急性ストレス障害となります

PTSDの主な症状

PTSDの症状はこのようなものがあります

 

・トラウマ体験が自分の意志とは関係なく再現され続けている

・自分の思いとは関係のない感情が沸き上がり抑えることができない

・原因不明の無力感や気持ちが落ち込む

・特定の物音などに敏感になり落ち着くことができない

・トラウマが原因で眠れない

・夢にトラウマのような出来事が出てきて眠ることができない

・トラウマの出来後のとなった状況に遭遇すると回避したくなる

 

などがあります主にトラウマが原因の症状が多いです

 

もともとは戦争から帰還した兵士が患った精神疾患

このPTSDとはもともとは戦争で命の危険にさらされた兵士が期間後に発症した精神疾患です

 

戦争から帰還し元の幸せな生活に戻ったのにもかかわらず

悪夢などに悩まされ、ひどい元兵士にになると自殺したり、家庭や社会になじめず苦しんだそうです

 

何年間も続いているなら一度受診してみる

終わった過去の出来事に何年も苦しめられたりするのは異常なことです

また、ふとした時にフラッシュバックしたり

なかなか夜眠ることができない、夢に出て苦しいなどの症状に苦しめられているなら一度

専門の医者などに受診してみるのもよいでしょう

 

心の病が日常生活に影響を及ぼすこともあります

どんどん悪化する前に専門家に診てもらうのもいいのではないでしょうか?

 

受診以外にもカウンセリングを受けたり他の方法もある

 

なかには精神科などを受診することに抵抗がある人もいると思います

その場合は精神科以外の方法も試してみましょう

 

例えばカウンセリングを受けたり心理療法を施すセラピストにお願いする方法です

自分が長年人には言えず苦しんでいた悩みを打ち明けることで心が楽になるかもしれません

 

また電話のサービスやインターネットでスキルを売買するサイトに

臨床心理士などの専門の訓練を受けたカウンセラーが出品していることがありますので

気軽に受けることができます

 

 

トラウマの苦しみから抜け出して理想の人生を取り戻そう

 

トラウマは精神的な苦しみです

転んで擦りむいたような擦り傷は時間がたてば治りますが心の苦しみは見えず直そうと思っても

どのように直すべきなのかわからず苦しいものです

 

ありもしない苦しみが心を支配し、本来であれば楽しいはずのことをしているのにもかかわらず

心が苦しみに支配されているがゆえに楽しめずどんどん苦しみが増大してしまいます

 

心の問題は非常に厄介で克服の仕方に苦しめられますが今では専門のクリニックなどがあります

また他にはカウンセリングを受けたり心理療法を施すセラピストなどの専門家に頼ってみるのもいいでしょう

自分で抱え込まずに苦しいときには人にお願いしましょう

まとめ

苦しみを背負って生きていくのが人生ではなく、明るく充実した日々を送るのが人間としての人生のあり方です

もしあなたが今、過去の過ぎ去った出来事が消えず苦しめられているならそこから抜け出し幸せになりましょう

 

その権利はあなたにあります

 

-人間関係の悩み

Copyright© パワハラ対策、人間関係の悩み解消まとめページ|それって指導ですか? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.